相談は無料 090-7980-8123 お電話ください。

社会福祉事業

社会福祉事業

社会福祉法人の「決議の省略(みなし決議)」とは

「決議の省略(みなし決議)」とは、評議員会や理事会の決議事項について、評議員や理事の全員が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときに、評議員会や理事会の決議があったものとみなす方式をいいます。 決議の省略は、評議員会や理事...
2020.12.12
社会福祉事業

社会福祉法人の「会計監査人」とは

社会福祉法人の会計監査人とは、法人経営のガバナンスの強化や、事業運営の透明性の向上のため、一定規模を超える社会福祉法人に設置が義務付けられている外部監査機関です。公認会計士や監査法人が会計監査人となって、計算書類等の監査を行います。
2019.08.08
社会福祉事業

社会福祉法人の「監事」とは

社会福祉法人の監事は、理事の職務執行を監査して、監査報告を作成します。また、理事や職員に事業報告を求め、法人の業務や財産の状況を調査する権限があります。適正な法人運営にとって重要な職務のある役員です。この記事では、監事について説明します。
2019.08.09
社会福祉事業

社会福祉法人の「理事会」とは

社会福祉法人の理事会とは、その法人の全理事によって組織され、法人の業務執行を決議する意思決定機関であるとともに、理事の職務執行の監督、理事長の選任・解任など、理事や理事長に対する牽制機能も備えています。この記事では理事会について説明します。
2020.10.24
社会福祉事業

社会福祉法人の「理事」とは

社会福祉法人の「理事」は、法人の役員であり、業務執行をつかさどる「理事会」の構成員として、法人の業務執行を担います。理事は、業務執行の担当ですので、社会福祉事業について理解があり、実際に法人運営の職責を果たせる人を選任する必要があります。
2019.08.07
社会福祉事業

社会福祉法人の「評議員会」とは

社会福祉法人は、その内部に「評議員会」を設置する必要があります。評議員会は、評議員で構成され、法人の意思決定機関として、役員の選任・解任や定款変更等、法人運営の重要事項を評決で決定します。この記事では評議員会について説明します。
2019.08.08
社会福祉事業

社会福祉法人の「評議員」とは

社会福祉法人は、その内部に「評議員」を設置する必要があります。評議員は、評議員会の構成員として、法人運営の重要事項を評決で決定します。法人に対して委任の関係にあり、善管注意義務と損害賠償責任を負います。この記事では評議員について説明します。
2019.08.07
社会福祉事業

社会福祉法人の経営組織について

社会福祉法人の経営組織は、①評議員(評議員会)、②理事(理事会)、③監事、④会計監査人で構成されています。この記事では、各機関の役割と関係について説明します。
2019.08.08
社会福祉事業

社会福祉法人における収益事業とは

社会福祉法人は、その主たる事業である社会福祉事業に支障がない限り、必要に応じて「公益事業」や「収益事業」を行うことができます。この記事では「収益事業」について説明します。
2019.07.12
社会福祉事業

社会福祉法人における公益事業とは

社会福祉法人は、その主たる事業である社会福祉事業に支障がない限り、必要に応じて「公益事業」や「収益事業」を行うことができます。この記事では「公益事業」について説明します。
2019.07.11