相談は無料 03-4500-8200 お電話ください。

相続

取扱業務

相続手続きをサポートいたします

相続争いを予防するためには、遺産分割において、適正な遺産分割協議書が作成されることが望まれます。また、遺産の名義変更や各種届出等、死後事務についても円滑に処理していくことが重要です。当事務所は、円滑・円満な相続手続きについて、全力サポートいたします。
2019.07.07
遺言

遺留分とは 相続人に認められた最低限の相続分

遺留分とは、相続において、相続人に認められた最低限の相続分のことです。相続人は、その権利を主張することで、遺留分を取得することができます。遺言のうち遺留分を侵害する部分は、相続人が遺留分を主張することで無効となります。
相続

相続手続きの流れ いつまでに何をするのか

被相続人が死亡すると、相続が始まります。遺族である相続人は、悲しみの中、様々な手続きを進めていくことになります。日々、忙殺され、大変な思いをされることでしょう。この記事では、相続手続きの流れを概説しています。お役に立てば幸甚でございます。
2019.07.09
相続

相続開始後に押さえておきたい保険給付や保険金など

相続開始によって、被相続人の死亡に関する保険給付や保険金などの請求権が、個別に発生していることがあります。これらの請求権は、請求しないままでいると、それぞれ時効によって消滅してしまうので、忘れずに請求してください。
2019.05.21
相続

遺産分割について どうやって遺産を分けるのか

相続において、相続人が複数いるときに、相続財産の分割方法が議論になります。相続財産の分割方法は、誰が、どのようにして、決めるのでしょうか。また、相続財産の分割方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
2019.05.24
相続

遺贈と死因贈与 相続とは異なる遺産の与えかた

遺産を承継する方法として、相続のほかに、遺贈と死因贈与があります。遺贈は遺言による意思表示、死因贈与は贈与契約と、生前の準備が必要です。遺贈と死因贈与は、相続人以外の人にも、遺産を承継できます。
2019.05.21
相続

相続の承認と放棄 相続するかどうかの選択 

相続人は、単純承認・限定承認・放棄で、自分の相続をどうするか決めることができます。①単純承認は、相続財産のすべてを相続します。②限定承認は、消極財産(マイナスの財産)を積極財産(プラスの財産)の限度で相続します。③放棄は相続財産のすべてを相続しません。
2019.05.12
相続

特別受益と寄与分 被相続人と特別な間柄の人はどうなるのか 

相続人の一部に特別受益がある場合、特別受益を持戻して相続財産とし、相続分を調整します。また、寄与分がある場合、寄与分を相続財産から除いて、相続分を調整します。従来、寄与分が認められなかった親族が、相続人に特別寄与料を請求できるようになりました。
2019.06.12
相続

相続分について 誰がどのくらい相続するのか 

相続手続きにおいて、相続人が複数ある場合、相続分に応じて相続財産を分け合います。相続分は、遺言で決めた指定相続分と、法律で決めた法定相続分があり、前者が優先します。配偶者や血族などの共同相続人の組み合わせによって相続分の割合は異なります。
2019.07.09
相続

相続人について 誰が相続するのか

相続手続きにおいて、配偶者は常に相続人になります。また、血族がいれば、血族と相続財産を分け合います。血族は、①子、②直系尊属、③兄弟姉妹、の優先順で相続人になります。優先順位の上位者がいる場合、下位者は相続できません。なお、例外もあります。
2019.05.12