相談は無料 03-4500-8200 お電話ください。
取扱業務

内容証明を問題解決にお役立てください!

日々の生活の中で、様々な事情で、戸籍謄本や住民票を必要とすることがあります。行政書士は、職権で、戸籍謄本や住民票などを取得できます。また、戸籍謄本や住民票の取得手続きに精通しているので、速やかに業務を遂行できます。
2019.12.02
取扱業務

戸籍・住民票を取り寄せます!

日々の生活の中で、様々な事情で、戸籍謄本や住民票を必要とすることがあります。行政書士は、職権で、戸籍謄本や住民票などを取得できます。また、戸籍謄本や住民票の取得手続きに精通しているので、速やかに業務を遂行できます。
2019.11.27
取扱業務

後見・見守り契約であなたの生活を守ります。

相続争いを予防するためには、遺産分割において、適正な遺産分割協議書が作成されることが望まれます。また、遺産の名義変更や各種届出等、死後事務についても円滑に処理していくことが重要です。当事務所は、円滑・円満な相続手続きについて、全力サポートいたします。
2019.11.27
会社設立

定款の認証について

会社を設立するときの定款は、公証役場で公証人の認証を受けることが必要です。定款に認証を受けていない場合、その定款は、法務局で受理されないので、会社を設立することができません。この記事では定款の認証について説明します。
2019.10.14
会社設立

定款の記載事項について

定款を作成するにあたって、定款の記載事項を決める必要があります。定款の記載事項は、大きく分けると、①絶対的記載事項、②相対的記載事項、③任意的記載事項、の3種類があります。この記事では、定款の記載事項について説明します。
2019.09.27
会社設立

株式の発行について

株式会社の経営の安定化のためには、株式を発行するにあたって、その株主構成が経営に及ぼす影響や、資金調達の利便性などを踏まえながら、1株あたりの単価や、発行する株式の数、株式の譲渡に関するルールを定めておく必要があります。
2019.09.25
会社設立

事業年度や決算期の決め方について

会社の事業の期間を年単位で区切ったものを「事業年度」といいます。また、事業年度の終期を「決算」といいます。会社は、暦年のうち、事業年度や決算の時期を、自由に決めることができます。この記事では、事業年度や決算を決める際の留意点を説明します。
2019.09.25
会社設立

会社の所在地(本店)を決めるときの注意点

会社の所在地については、会社法に定めがあり、本店の所在地として、定款や登記簿に記載する必要があります。よって、会社設立時には、かならず本店所在地を決めなくてはいけません。この記事では、会社の本店の所在地の決めるときの注意点を説明します。
2019.09.25
会社設立

会社の資本金とは 特徴や税金との関係

資本金とは、会社にとって、設立の元手となり、その後の運転資金となる資金のことです。会社設立時においては、資本金は、創業者の自己資金であることがほとんどです。なお、株式会社においては、株主が出資した資金が資本金となります。
2019.09.23
会社設立

会社の名称(商号)を決めるときの注意点

会社の名称は、会社法などの法律に従って決める必要があります。会社法では、会社の名称のことを「商号」といいます。この記事では、商号を決める際に気をつけるべきことを説明します。
2019.09.23