相談は無料 03-4500-8200 お電話ください。

建設業

建設業

政令で定める使用人とは

建設業法にいう「政令で定める使用人」とは、会社の代表者から、建設工事の請負契約の締結や履行について、一定の決裁権を与えられている者のことです。政令で定める使用人は、要件を満たせば、経営業務の管理責任者になれます。
建設業

経営事項審査とは

経営事項審査とは、建設業の許可を受けた建設業者について、その施工能力や経営状況などを、建設業許可の許可行政庁が、客観的に評価する制度です。公共工事を直接請け負おうとする建設業許可業者は、必ず受けなければならない審査です。
建設業

造園工事業の建設業許可で専任技術者になるには

建設業許可において、専任技術者には、学歴・資格・実務経験のいずれかが必要です。このうち、学歴や資格については、工事業種によって違いがあります。この記事では、造園工事業の専任技術者になるための要件について整理します。
建設業

鋼構造物工事業の建設業許可で専任技術者になるには

建設業許可において、専任技術者には、学歴・資格・実務経験のいずれかが必要です。このうち、学歴や資格については、工事業種によって違いがあります。この記事では、鋼構造物工事業の専任技術者になるための要件について整理します。
建設業

一括下請負の禁止とは

一括下請負とは、工事を請け負った建設業者が、実質的には施工に関与せず、下請業者に、その工事の、①全部、②主たる部分、③独立した部分、を一括して請け負わせることをいいます。建設業法では、原則、一括下請負を禁止しています。
建設業

鉄筋工事業の建設業許可で専任技術者になるには

建設業許可において、専任技術者には、学歴・資格・実務経験のいずれかが必要です。このうち、学歴や資格については、工事業種によって違いがあります。この記事では、鉄筋工事業の専任技術者になるための要件について整理します。
建設業

ガラス工事業の建設業許可で専任技術者になるには

建設業許可において、専任技術者には、学歴・資格・実務経験のいずれかが必要です。このうち、学歴や資格については、工事業種によって違いがあります。この記事では、ガラス工事業の専任技術者になるための要件について整理します。
建設業

解体工事業の建設業許可で専任技術者になるには

建設業許可において、専任技術者には、学歴・資格・実務経験のいずれかが必要です。このうち、学歴や資格については、工事業種によって違いがあります。この記事では、解体工事業の専任技術者になるための要件について整理します。
建設業

水道施設工事業の建設業許可で専任技術者になるには

建設業許可において、専任技術者には、学歴・資格・実務経験のいずれかが必要です。このうち、学歴や資格については、工事業種によって違いがあります。この記事では、水道施設工事業の専任技術者になるための要件について整理します。
建設業

監理技術者とは

建設業者は、適正な施工をするため、工事現場に、その工事をするための資格や経験のある技術者を配置して、施工を管理することになっています。技術者には、主任技術者と監理技術者があります。この記事では、監理技術者について説明します。