相談は無料 090-7980-8123 お電話ください。

建設業

建設業

建設業許可の「欠格要件」とは?

建設業許可には、欠格要件というものがあり、欠格要件にあてはまる建設業者は、建設業許可を受けることができません。この記事では欠格要件について説明します。
2019.06.13
建設業

建設業許可の「誠実性」とは?

もし建設業者が、不正なことや不誠実なことをした場合、どうなるでしょうか? 発注者や社会に与える影響はとても大きく、取り返しのつかないことになってしまいます。そこで、建設業法では、建設業許可の申請にあたり、建設業者に「誠実性」を求めています。
2019.06.13
建設業

建設業許可の「財産的基礎」とは?

財産的基礎とは「建設業者が事業を継続するための財務力」のことです。建設業の許可では、許可が必要となる規模の工事を請け負うことができるだけの財産的基礎等があることを、許可の要件としています。この記事では、財産的基礎について説明します。
2019.06.13
建設業

建設業許可の「専任技術者」とは?

建設業許可を受けるには、その建設業者の営業所ごとに「専任技術者」の配置が必要です。専任技術者とは、おおまかにいえば「許可を取ろうとする工事業種の専任の技術者」のことです。この記事では専任技術者について説明します。
2019.06.13
建設業

建設業許可の「経営業務の管理責任者」とは?

建設業許可を受けるには、その建設業者に「経営業務の管理責任者」がいることが必要です。なぜ、そのような決まりになっているのでしょうか? この記事では、経営業務の管理責任者について説明します。
2019.06.13
建設業

建設工事と建設業の種類とは?

建設業の許可は、工事の種類ごとに取得することになっています。建設業法は、建設業を29業種に区分しています。この記事では、建設業許可における工事の種類を説明します。
2019.06.13
建設業

建設業許可の「営業所」とは?

建設業許可では、営業所の状態について審査されます。営業所が実在しているのか、営業所として間取りや備品が整っているのか、ちゃんと顧客と契約できるような場所なのか、といったことです。この記事では、建設業許可における営業所について説明します。
2019.06.13
建設業

建設業許可を受けなくてもできる工事ってあるの?

建設業法では、小規模な工事のことを「軽微な工事」といい、軽微な工事だけを請け負うのであれば、建設業許可は不要です。この記事では「軽微な工事」について説明いたします。
2019.07.06
建設業

建設業許可って何?

建設業許可は、建設業者が、大きな工事や公共工事をするときに、国や都道府県の審査を受けて、取得する許可です。建設業許可は、建設業者にとって、ビジネスチャンスの拡大と、ブランドイメージの向上、コンプライアンスの証明につながる大事な許可です。
2019.07.06