相談は無料 03-4500-8200 お電話ください。

社会福祉法人

社会福祉法人

無料低額宿泊所のガイドラインについて

東京都内において、無料低額宿泊所を設置・運営する事業者は、東京都の指導を遵守しなければいけません。東京都では、無料低額宿泊所と、その宿泊所の利用者に対する生活関連のサービスについて「宿泊所設置運営指導指針」というガイドラインを定めています。
社会福祉法人

無料低額宿泊所の契約について

無料低額宿泊所は、宿泊所や生活サービスの利用について、利用者との契約が前提となります。東京都内では、無料低額宿泊所の事業者は、利用者との契約において、東京都の「宿泊所設置運営指導指針」を遵守して、利用者の利益保護に努めなければいけません。
社会福祉法人

無料低額宿泊所の開設について

社会福祉法に定める「無料低額宿泊所」を開設するには、その事業の性質を踏まえて、行政庁との事前協議や地域住民への説明など、慎重な事前手続きが必要です。この記事では、東京都における無料低額宿泊所の開設手続きを説明します。
社会福祉法人

社会福祉法人とは

社会福祉法人は、社会福祉法に基づいて、社会福祉事業を目的として設立された法人です。 障害者や高齢者のための福祉施設や、保育園、医療機関などの運営主体となっている法人です。この記事では、社会福祉法人の概要を説明します。
社会福祉法人

社会福祉法人の随時の事務処理について

社会福祉法人の運営にあたっては、社会福祉法や社会福祉法人標準定款例に定められた随時の事務処理があります。随時の事務処理は、評議員や役員の選任など、人事に関する手続きが中心といえます。この記事では、それらの事務処理について説明します。
社会福祉法人

社会福祉法人の定期の事務処理について

社会福祉法人の運営にあたっては、社会福祉法や社会福祉法人標準定款例に定められた定期的な事務処理があります。定期的な事務処理は、法人の事業計画・予算・決算に関する手続きが中心といえます。この記事では、それらの事務処理について説明します。
社会福祉法人

社会福祉法人の定款とは

社会福祉法人は、設立時に、定款を定める必要があります。 定款とは、法人の運営に関する基本的なルールを定めたもので、法人の内部統制の根本をなすものです。 また、情報公開の対象ともなっており、内外において、法人のあり方を示す根拠と...
社会福祉法人

社会福祉法人の名称・住所について

社会福祉法人の設立にあたって、その名称や住所は、定款の記載事項です。また、社会福祉法人は、事務所の所在地等によって、所轄庁が定まります。そのため、名称や住所を決めるにあたって、ルールが定められています。この記事では、そのルールを説明します。
社会福祉法人

社会福祉法人の資産要件について

社会福祉法人は、経営基盤を確保する必要性から、社会福祉事業に必要な資産を備えなければならないとされています。社会福祉法人の資産要件については、厚生労働省の通知等で細かく規定されています。この記事では、不動産の取扱いについて説明します。
社会福祉法人

社会福祉法人の「評議員・役員の特殊関係者」とは

社会福祉法人における評議員や理事、監事の選任にあたっては、それらと特殊な利害関係がある特殊関係者が選任されることに一定の制限があります。この記事では、評議員・理事・監事の特殊関係者の範囲について説明します。